4G、LTE、3G、Wi-Fiとは?

スマートフォンをインターネットにつなぐ方法は色々あります。
それぞれがどんな特徴を持っているのか分かりにくかったり、同じ通信方式でもキャリアによって呼び方が違うものがあったりして混乱してしまう人も多いのではないでしょうか?
このページではスマートフォンの通信について詳細解説しているので、初心者の方や詳しく知りたい人はぜひ参考にしてみて下さい。


スマホが使える無線通信の種類

まず最初に知っておきたいのがスマホが使える無線通信の種類です。
スマートフォンはフューチャーフォン(いわゆるガラケー)とパソコン、両方の特徴を併せ持った機器です。
そのため電話もできるし、インターネットに接続する際もパソコンと同じ無線通信を使用することができます。
ですのでスマホが使える無線通信には、携帯電話向けとパソコン向けの2つがあります。


格安SIMを使うことのメリットとは?


4Gとは?

4Gとは4thGeneration(第四世代)の略称で、 第四世代として開発された複数の通信規格をひとつにまとめて4Gと呼んでいます。そのため、LTEも4Gの一種だと言われています。
一世代前の3Gよりも圧倒的に速い通信ができる携帯電話回線(通話ができる回線)ですが、その分利用料金が高くなりがちであり、無制限に使うことができません。



LTEとは?

LTEとはLong Term Evolutionの略称で、3Gより高速な通信が可能となった携帯電話回線のことを言います。
3Gから4G(第4世代)への架け橋として3.9G(3.9世代)と言われることもありますが、最近ではLTE≒4Gと捉える通信事業者が増えたため、 一般的にLTEは4Gの一種だという考えが定着しつつあります。
通信速度は3Gより圧倒的に速い(環境にもよりますが速度の差は3Gの5~10倍以上とも言われています)ですが、
回線の混雑を防ぐ為とネットワーク利用の公平性を保つ為にキャリア契約では月に7GBまでしか通信ができなかったり、 通信環境が悪い場所ではLTEの電波自体が入らないなどのデメリットがあります。
利用料金はパケット通信量に応じて変化しますが、3Gよりも割高に設定されています。
docomoでは「Xi(クロッシィ)」、auとSoftBankでは「4G LTE」と呼ばれていて、提供会社によって呼び方が異なる場合があります。


格安SIMを使うことのメリットとは?


3Gとは?

3Gとは3rd Generation (第三世代)の略称で、携帯電話回線のことを言います。
インターネット接続の速度はWi-Fiより遅い場合がほとんどだと言われていますが、受信可能エリアが広いため接続自体は安定しています。
利用料金はLTE同様パケット通信量に応じて変化しますが、後世代の4GやLTEに比べて安く設定されています。


格安SIMを使うことのメリットとは?


Wi-Fiとは?

Wi-Fiとはワイヤレスで通信を行うインターネット回線の1つです。
4G・LTE・3Gは遠くの基地局と通信するのに対し、Wi-Fiは近くにある無線ルーターと通信します。
スマートフォンに限らず、パソコンやタブレットなど様々な機器がこのWi-Fiを利用してインターネットに接続できます。
Wi-Fiに接続している時はパケット料が発生しないため、例えばスマホの通信量を節約したい時に利用するのがオススメです。
通信できる場所は限られてしまいますがパケット料に振り回されない分、利用料金が安定しているのが魅力です。
自宅に固定のインターネット回線が通っている人は、その回線をWi-Fiとして利用したい機器にWi-Fi通信の設定を施すことにより使えるようになります。
今までWi-Fiは屋内利用が基本でしたが、最近では公衆のWi-Fiスポットが増えてきているため、外出先や屋外でもWi-Fiが無料利用できる場所が増えています。


格安SIMを使うことのメリットとは?


まとめ

スマートフォンの通信の種類や特徴についてお分かり頂けたでしょうか?最後に今までの情報を簡単にまとめてみましたのでおさらいとして活用して下さい。

スマートフォンで使用できる通信の種類
名称 通信速度 利用料金 特徴
4G(≒LTE) 速い 高い 利用制限がある
3G 遅い 安い 受信可能エリアが広い
Wi-Fi 契約回線に依存 契約回線に依存 安定した通信が可能

ページトップへ戻る