白ロムとSIMフリー端末の違いとは?

SIMフリースマホについて調べていると、普段聞き慣れない言葉がたくさん出てくると思います。
また、白ロムという言葉を聞いたことはあっても詳しい意味を知らない方もいるのではないでしょうか?
ここでは他の言葉の意味と間違えやすい白ロムについてかんたんに解説をしていきます。

白ロムとは?

白ロム(しろろむ)とは、SIMカード方式を採用していない携帯電話端末、PHS回線用端末などで携帯電話回線の契約情報(電話番号)が端末に記録されていない状態の物を指します。
一般敵には解約や未契約の状態などで電話番号が登録されていない端末を、ROMに番号が書き込まれていないという意味で、白ロムと呼びます。白ロムの状態では通話・通信はできません。
また逆に電話番号が書き込まれている状態を黒ロムと呼びます。


白ロムとは?


白ロムとSIMフリー端末の違い

SIMフリー端末とはどの携帯電話会社のSIMカードも使用できる自由(フリー)な携帯電話端末です、上記の説明の通り白ロムとはまったく異なる性質を持ちます。


白ロムとSIMフリーの性質の違い

ページトップへ戻る