MVNO、格安SIMとは?

MVNO(エムブイエヌオー)、通称"Mobile Virtual Network Operator"とは仮想移動体通信事業者です。
日本では「格安SIM」など呼ばれるサービスを提供している通信会社の事を指します。
また、docomo・au・SoftBankなどの3大携帯電話会社(以下:キャリア)と比較して、通信料を格安で提供している携帯電話会社(SIMカード)のことを言います。(※SIMカードとは?
MVNO(格安SIM会社)は、キャリアから携帯電話通信回線を借りて低価格でサービスを提供しているため実質電波の品質はキャリアと同じです。
現時点で日本の格安SIMの電波は主にNTTdocomoが提供しているため格安でNTTdocomoの回線を利用できるという事になります。



格安SIMを扱う会社はどのくらいあるの?販売している場所はどこ?

格安SIMを扱う会社は急拡大し、現在も増え続けています。
IIJmio、NifMo、DMM mobile、BIGLOBE、OCN モバイル、So-net、b-mobile、U-mobile、mineo auプラン(Aプラン)、mineo ドコモプラン(Dプラン)、UQ mobile、楽天モバイルなど、
身近な場所ではイオンなど大手スーパーやBICカメラなどの家電量販店でも扱いが始まっています。



格安SIMの選び方は?

格安SIMを選ぶ場合のポイントとしては、「料金が安い」、「データ通信量」、「音声通話付きかどうか」、などがあります。
特に、料金については各社が競争しているため、十分に確認しましょう。格安SIMのほとんどはデータ通信量の上限が決まっており、この上限をオーバーすると制限が速度にかかってきます。
初めて格安SIMを契約する際は、少ないデータ量を選択して、必要によって増やすのがいいでしょう。
格安SIMには音声通話付きのものと付きでないものがあります。もちろん音声通話付きの方が料金が高くなります。
音声通話が不要であれば、データ通信専用タイプや、SMS機能(電話番号だけでメッセージを送受信する機能)タイプのものを選びましょう。
更に、音声通話が可能な携帯電話があれば格安SIMと併用することで、毎月の料金を少なくすることもできます。



キャリアから格安SIMへ乗り換えする

利用していたキャリアを別のキャリアに変更した時、電話番号を変えずに変更後のサービスを利用することを「MNP(携帯電話番号ポータビリティ)」と言います。
(※キャリアからMVNOへ利用を乗り換えることもMNPと呼びます。)
MNPを利用して、現在の電話番号を乗り換え先のMVNOでそのまま使用したい時の手続きについてご紹介しましょう。

MNPとは?

申込方法は 実店舗 or オンライン のどちらかです。低価格を売りにしているサービスは費用削減の為、申込がオンライン限定となっている場合があります。
MVNOへの乗り換えは、全体で約1週間くらいはかかると考えておきましょう。
注意点として、選択する格安SIMの種類によっては、新しいSIMカードが届けられる間は手元の携帯やスマホがインターネットへ繋げられない場合があります。
また、キャリアからMVNOへの乗り換えによってキャリアメールが使えなくなるので、事前にフリーメールなどでアドレス変更の旨を知らせたい人へ連絡をします。

格安SIMへの乗換え

乗り換え手続きに必要なものは、 ①MNP予約番号②クレジットカード③本人確認書類 が挙げられます。
MNP予約番号は契約中のキャリアから発行してもらえます。キャリアショップに直接行って発行してもらうのも手ですが、
・キャリア会社の電話窓口へ問い合わせて、電話にて予約番号を発行してもらう
・パソコンがある場合はキャリアのサイトへアクセスして、ウェブ上で予約番号を発行してもらう
・フューチャーフォン(ガラケー)を使っている場合は、iモード、EZwebなどの携帯電話IP接続サービスから申し込んで発行してもらう
など、発行方法はいくつかあります。
MNP予約番号には、乗り換えの有効期間として15日間が設定されていますので、余裕を持って手続きをしましょう。無事乗り換えが終わると、自動的にキャリアサイドの契約も解除となります。

MVNOサービスの月々の支払い方法は「クレジットカードのみ」と設定しているところが多いため、クレジットカードを持っていない人は口座振替で支払いができるサービスを選びましょう。
音声通話が不要であれば、使える容量や期間が決まっている「プリペイドSIM」を選択するのも手です。これはコンビニや大型スーパー、家電量販店で購入できるので、クレジットカードや口座も不要です。

MNP格安SIMへ乗換え

格安SIM&スマホのセットは本当にお得?

最近では格安SIMに便乗して、多数の業者が格安スマホとSIMのセット販売に乗り出していますが、実際はスマホとSIMは別々に契約した方がお得なのです。
例えばセット販売では、端末がセットなのに加えて、音声通話対応・端末代金の月々割引があるなどのメリットがあるのですが、
同時に契約プランの最低利用期間が長めに設定されていたり、最低利用期間内にプランを解約をすると余計な解約費用がかかってしまう場合があるのです。
結果的に、最初からスマホとSIMを別々に契約した方が費用を節約できて経済的な場合が多いのです。
ですので、当店で扱っている100機種以上のスマホから端末を選び、プランを別で契約して使用するのが最もお得だと言えるのです。

ページトップへ戻る